【臭い】ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の防止方法

【臭い】ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の防止方法

【臭い】ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の防止方法

ケトン臭という言葉がありますが、これは糖質制限によるダイエットをすると臭ってくる甘酸っぱい体臭のことです。

 

人の体は、糖をエネルギーに使えなくなると次には体脂肪を使いはじめ、その次にはケトン体をエネルギー源とします。

 

この過程で臭ってくる臭いは、汗臭い臭いからアンモニア臭、そしてツーンと甘酸っぱいケトン臭へと変化していくといわれています。

 

アンモニア臭やケトン臭などは人によってはかなり強烈な臭いとなるので、周囲の人から指摘される可能性があるほどです。

 

ダイエットとしては順調に進んでいる証拠ではありますが、臭いを防ぐ方法は知っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

糖質制限をほどほどにする

糖質を制限することによって生み出されるのが、臭いの元であるケトン体です。

 

最初の2週間はお米やパン、麺類は厳しく制限してダイエット効果を上げたいところですが、その後の制限は食品によって決めていきましょう。

 

制限するのは、

  • 甘いお菓子
  • 炭酸飲料
  • 菓子パン

 

 

 

これらを中心にすると臭いを抑えることができます。

 

あまり根を詰めて糖質制限を行うよりは、少しだけ緩めに制限するようにした方が臭いはしづらいというわけです。

 

 

 

臭いを抑制する食品を摂る

ワカメやアスパラガスなどに含まれるアスパラギン酸は、脂肪酸の生成を防ぐことができ、この作用が臭いを抑制してくれます。

 

また、腸内で臭いの原因となる物質を排出してくれる、ホウレンソウやシイタケなども積極的に摂るようにしましょう。

 

さらに、

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • 梅干し
  • お酢

 

 

 

など、クエン酸の摂取も効果があるといわれています。

 

 

 

有酸素運動を取り入れる

有酸素運動はダイエット全般に効果的なので是非実行しましょう。

 

極端なケトン体ダイエットをしてしまうと、体が飢餓状態になるため悪臭が発生します。
そこで、食事制限だけにこだわらず運動を少し加えるようにしましょう。

 

運動により代謝が高まるわけですから痩せやすくもなり、悪臭防止にもなりますね。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • エアロビクス
  • 水泳
  • サイクリング

 

 

 

などの有酸素運動の他、無酸素運動である筋トレもケトン臭防止になります。

 

ケトン臭いがするのは、ケトン体ダイエットをしている間ずっとではありません。

 

人によっても異なりますが、だいたい3ヶ月〜半年経つと体がケトン体を使うことに完全に切り替わるため、臭わなくなると言われています。

 

また、ケトン体ダイエットでは、最初の2週間程度きっちりと糖質制限をし、その後は緩やかに制限することが基本的な方法です。

 

もし、あまりにも臭いがひどいようなら最初の2週間であってもやや緩めに制限すると抑えることができますよ。

 

 

 

以上、【臭い】ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の防止方法についてご紹介しました。

 

他にも「【痩せない】ケトン体ダイエット中のアルコール摂取」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

たった2〜3時間でケトン体を増やすココナッツオイル

ココナッツオイルは「体脂肪にはならずエネルギーになる」「代謝を上げ免疫力を高める」「カラダに必要な栄養素の吸収を助ける」など、さまざまなことが取り上げられています。


また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には「ケトン体を産生してエネルギー源になる」という特長があります。


さらに、体内に入るとわずか2〜3時間という短時間でケトン体の生成がはじまるという、嬉しい即効性もあります。


テレビ番組「世界ふしぎ発見」でも実験結果が紹介されていたので、よろしければ参考にしてみてくださいね!


⇒【世界ふしぎ発見!】7s痩せた!?ココナッツオイルでケトン体ダイエット


関連ページ

危険性なく実践するためのポイント
危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイントについて掲載しています。
アルコール摂取
ケトン体ダイエット中のアルコール摂取について掲載しています。