危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイント

危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイント

危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイント

ケトン体ダイエットは、糖質の摂取をコントロールすることから効果が出やすいというメリットがある一方で、危険性も指摘されています。

 

ケトンダイエットを安全に行う上では、いくつか注意すべき点があるといえます。

 

ダイエットはどれでも極端に行えば危険であることは事実です。
ケトン体ダイエットも例外ではありません。

 

ここではケトン体ダイエットで起こりうるリスクと対策をあげてみました。
ポイントを知っておけば、それほど危険性のあるダイエットではないのでご安心ください。

 

 

 

ケトン体ダイエット中に摂取する肉類に注意

ケトン体ダイエットでは糖質、つまり炭水化物を厳しく制限することになります。

 

主食がお米である日本人にとって、これはかなりハードなものとなることは容易に想像がつきます。

 

一方、肉の摂取量は制限がないことから、主食を我慢する代わりに肉類でお腹を満たそうとするケースが見られますが、健康上の危険が伴うので注意が必要です。

 

理由は、炭水化物(糖質)を制限する上にタンパク質が豊富に含まれた肉類を過剰に摂取すると、腎臓に大きな負担をかけてしまうからです。

 

さらに、肉類には飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、悪玉コレステロール値を上昇させることになって動脈硬化を進行させてしまいます。

 

その結果、最悪の場合は死の危険も考えられる、心筋梗塞や脳梗塞といった症状を引き起こす原因にもなってしまうのです。

 

ケトン体ダイエット中は、野菜や海藻、果物などから糖質の低いものを上手に選んで、献立を考える必要があります。

 

 

 

飲酒する際の注意点

ケトン体ダイエットでは、糖質の多いアルコールは避けなければなりませんが、糖質の低いアルコールを摂取する際にも注意点があります。

 

まず、糖質を制限し、ケトン体を使えるようにするのがケトン体ダイエットです。

 

糖質制限を始めると、体内では血糖を維持しようと、肝臓で作られたブドウ糖が全身に運ばれていきます。

 

すると、肝臓に蓄えられたブドウ糖(グリコーゲン)が少なくなってしまうわけです。

 

この状態になると肝臓の機能は低下してしまうため、しっかりとアルコールを代謝することができなくなってしまいます。

 

仮に、糖質の低いアルコールであっても、肝臓に相当な負担がかかってしまうというわけですね。

 

以上のことから、ケトン体ダイエット中のアルコールの摂取は控えるべきなのです。

 

 

 

以上、危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイントについてご紹介しました。

 

他にも「【臭い】ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の防止方法」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

たった2〜3時間でケトン体を増やすココナッツオイル

ココナッツオイルは「体脂肪にはならずエネルギーになる」「代謝を上げ免疫力を高める」「カラダに必要な栄養素の吸収を助ける」など、さまざまなことが取り上げられています。


また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には「ケトン体を産生してエネルギー源になる」という特長があります。


さらに、体内に入るとわずか2〜3時間という短時間でケトン体の生成がはじまるという、嬉しい即効性もあります。


テレビ番組「世界ふしぎ発見」でも実験結果が紹介されていたので、よろしければ参考にしてみてくださいね!


⇒【世界ふしぎ発見!】7s痩せた!?ココナッツオイルでケトン体ダイエット


関連ページ

体臭の防止方法
ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の臭い防止方法について掲載しています。
アルコール摂取
ケトン体ダイエット中のアルコール摂取について掲載しています。