【痩せない】ケトン体ダイエット中のアルコール摂取

【痩せない】ケトン体ダイエット中のアルコール摂取

【痩せない】ケトン体ダイエット中のアルコール摂取

ケトン体ダイエットとは、最初の2週間だけ炭水化物の摂取カロリーを1日5%に抑え、その後は様子を見ながら1週間経過ごとに1%ずつ増やしていくというダイエット法です。

 

炭水化物は主食であるお米やパンに大量に含まれていることが知られていますが、基本的にアルコールもダイエット期間中は飲んではいけないことになっています。

 

 

 

何故アルコールの摂取はNG?

厳密にはアルコールすべてがいけないわけではありませんが、一定以上のアルコールを摂取するとケトン体が正常に生成されなくなってしまうのです。

 

飲む種類を選んだり加減をするなりしなくてはいけません。

 

人が活動する際にエネルギー源としているのは3大栄養素である、

  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 脂質

 

 

 

と、なりますが最初に使われるのは糖質、つまり炭水化物です。

 

次いで脂質、タンパク質と続きます。
そして、食べた物をエネルギー源に変換するのは肝臓の役割です。

 

肝臓は人が生き延びるために体内に入ってきた有害物質を分解することを何より優先します。

 

アルコールは肝臓では有害物質と見なされているので、必然的に炭水化物よりもアルコールを先に解毒しようと働きます。

 

その結果、アルコールを摂取しすぎるとケトン体がスムーズに生成されなくなるため、ダイエットに失敗しやすくなってしまうというわけです。

 

 

 

少量なら飲んでも良いお酒の種類

アルコールも糖質の多いものと少ないものとがあり、多いものはケトン体が順調に生成されるようになるまでは飲まないようにしましょう。

 

 

 

糖質の多いお酒

  • 日本酒
  • 紹興酒
  • マッコリ

 

 

 

糖質の少ないお酒

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ウォッカ
  • 赤ワイン

 

 

 

晩酌がやめられないという場合に限ってですが、順天堂大学大学院教授の白澤卓二氏は、赤ワインを推奨しています。

 

赤ワインにはレスベラトロールという有効成分が含まれていて、これが脂肪細胞の成長を抑制する作用があるため、一日2杯くらいを目安で飲んでも良いということです。

 

ケトン体ダイエットは、最初の2週間を乗り切れば体重管理をしつつ、ある程度食べれるものを増やしていける方法です。

 

この機会に2週間の禁酒をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

以上、【痩せない】ケトン体ダイエット中のアルコール摂取についてご紹介しました。

 

他にも「危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイント」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

たった2〜3時間でケトン体を増やすココナッツオイル

ココナッツオイルは「体脂肪にはならずエネルギーになる」「代謝を上げ免疫力を高める」「カラダに必要な栄養素の吸収を助ける」など、さまざまなことが取り上げられています。


また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には「ケトン体を産生してエネルギー源になる」という特長があります。


さらに、体内に入るとわずか2〜3時間という短時間でケトン体の生成がはじまるという、嬉しい即効性もあります。


テレビ番組「世界ふしぎ発見」でも実験結果が紹介されていたので、よろしければ参考にしてみてくださいね!


⇒【世界ふしぎ発見!】7s痩せた!?ココナッツオイルでケトン体ダイエット


関連ページ

危険性なく実践するためのポイント
危険性なくケトン体ダイエットを実践するためのポイントについて掲載しています。
体臭の防止方法
ケトン体ダイエット中の甘酸っぱい体臭の臭い防止方法について掲載しています。