忍者がテーマの日本らしい漫画「ナルト」

忍者がテーマの日本らしい漫画「ナルト」

忍者がテーマの日本らしい漫画「ナルト」

ナルトは、忍者がテーマの日本らしい漫画です。
主人公ナルトとその仲間たちが強敵を倒すために、仲間と戦います。独自の忍術がこの漫画の魅力でもあり、とても楽しむことが出来ます。

 

ナルトの親友サスケが悪の道へ行くのを必死に止める仲間たちも見所の一つとなっています。

 

 

 

ナルトを見るようになったきっかけ

私がナルトを見るようになったきっかけは、週刊少年ジャンプで連載が始まった時に、第1話を見て、一発で好きになりました。
独自の忍術と絵の雰囲気も好きで、これは物凄い漫画が始まったと思い、それから連載終了するまで、毎週週刊少年ジャンプが発売する日を楽しみに過ごしていました。

 

 

 

ナルトを実際に見て

ナルトを実際に見て、友情を知ることが出来ました。
親友のサスケが悪の道に行くのを、必死に止めるナルトの姿に、私はとても感動しました。

 

最後は、そんなサスケとナルトが一緒に手を組んで戦って、敵を倒すシーンは涙なしでは見ることが出来ません。
連載が終了した今でも、私にとっては大切な漫画です。

 

 

 

ナルトの名セリフ

ナルトで一番の名セリフは、絶い火影になるという台詞です。
火影とは、作中の中の英雄であり、落ちこぼれていたナルトは絶対になれないと周囲の人は笑っていましたが、最後は火影になるという素晴らしい展開がありました。

 

有言実行とはまさにこのことだと、感銘を受けて、私も頑張らなければという気持ちにさせてくれました。
ナルトから、楽しさだけではなく、人生を教えて貰いました。

 

<PR>
銀魂のネタバレまとめ